内装・外装業界情報

屋外看板の落下防止について考える。

看板落下事故に警鐘

近年、日本各地で「大型看板が落下する」というニュースを耳にします。重軽傷、場合によっては死者を出してしまう屋外看板の落下事故は、なぜおこるのでしょうか。

それは、一つの真実を見落としているから起きるものだと考えます。

何もしなければ、看板は落下するものである

いくら頑丈に設置したからといっても、屋外にある看板は様々な外的要因に晒されています。

 

 

・雨風に打たれることで起こる金具の腐食
・沿岸部、潮風によって錆びていく支柱
・看板内に溜まる湿気、水溜り

 

そして蓄積したダメージは、地震、強風、積雪といった何かの拍子に致命的な破損が起こり、その瞬間に看板は凶器に変わってしまうのです。

 

<過去の看板落下事故での「看板の重量」>
・駅前の土産物店にて 長さ4m×幅1.3mの屋外看板が落下 重量は30kg
・スーパーマーケットにて 長さ9m×幅5mの外壁看板が落下 重量は450kg

このような看板が落下してきたら、どうしようもありません。。。

看板は会社の「顔」

また、街中や車道の近くで不特定多数の人に見てもらえる看板はまさしく会社の顔と言えます。

 

そんな看板が汚れていたり破損していたら、、、
落下して物損事故、ひいては人的事故を起こしてしまったら、、、

 

信頼を失ってしまう前に後悔しないためにやるべきことは、「事前診断と定期的なメンテナンス」です。

事前診断・メンテナンスの重要性

事前診断と定期的なメンテナンスによって、落ちる前・破損する前に気づくことが大切なのです。
思い当たる看板、会社にありませんか?

 

デコルバの運営会社「デコラティブシステム」はSDGs「11.住み続けられる まちづくりを」「13.気候変動に具体的な対策を」に取り組んでおります。

 

その中で、「快適で美しい空間環境」そして「工事の絶対の安心感と仕上がり」を届けたい私たちは、看板落下対策の無料相談をおこなっておりますのでお気軽にご相談ください。

 

≪流れ≫
現状の看板の状態についてヒアリング

面談後に実際の診断を希望する方の元には下見に検査員が向かいます。

下見に向かい、現場の状況を確認した後にお見積りを提出

ご要望に添えましたら診断に向かいます。

※全国対応可能

屋外広告物申請、道路占用許可申請など、法令チェックについても是非ご相談ください!
この機会に看板の安全について考えてみてはいかがでしょうか。

看板落下対策 無料相談申込フォーム

COMMENTS

まだコメントはありません。

この記事にコメントする!

お名前は公開されますので、法人名やニックネームなど公開可能なお名前をご入力ください。
(メールアドレスは公開されません)

不適切なコメントがあった場合は、管理者にて削除する場合がございますので予めご了承ください。