建築材料業界情報

ガラスフィルムで無理のない省エネ暑さ対策

省エネ対策は無理をしてもやるべき!?

節電対策としてまず思い浮かぶのは「エアコンの使用控えや温度設定の見直し」ではないでしょうか。しかし我慢してエアコンを使わないと熱中症になる危険がありますし、適切な温度でないと仕事の効率も下がってしまいます。節電対策は、「無理のない」節電対策であることが重要です。そのためには「夏に室温が高くなる原因」を知ることが大事です。

夏場に室温が高くなる原因

室温上昇の原因は、ずばり「日射」。その中でも「近赤外線」が原因、日差しがきつくてジリジリ暑い~…となるのはこの近赤外線のせいなのです。

余談ですが・・・、
赤外線の熱を利用しているものは身近に多く、遠赤外線グリルや遠赤外線ヒーターなどは聞きなじみがあると思います!

そもそも家の中は暑くなりやすい

そもそも家の中には暑くなりやすい条件が揃っているんです。

・日本の多くの家は日当たりを重視して南向きになっており、日差しを多く取りこもうとしている
・建築材料でも使われる鉄筋コンクリートは”気密性””蓄熱性”が高く、熱がこもりやすくなっている。
・暑い空気は軽いので上に、冷たい空気は下に向かうので温度差のせいで暑さを感じやすくなる。特に最上階は屋根からの熱も伝わるため暑い。

上記の点で家の中は日差しを多く取り込み、暑い空気の逃げ場所がなく暑くなりやすいのです。これを解決するためにはやはり近赤外線をカットするのが効果的です。

暑さの原因だけカットする遮熱フィルム

カーテン、すだれなど日射を遮る方法は多いですが、それでは日差しの明るさまで遮ることになります。「明るさを保ちつつ」「暑さを減少させる」両者とも叶える方法、それは「遮熱フィルム」をガラスに貼ることです!

 

≪遮熱フィルムとは≫
200を超える厚みの異なった薄いシートを重ねることで室内に入る光の不要な波長の透過を選んで遮断することが可能になったガラスフィルムです。スモークフィルムのように色の暗さで光を遮断するのでなく、あくまで光の屈折率のコントロールで遮断しているため透明感を維持したまま遮熱が可能。また特殊な粘着剤加工のおかげで99%の紫外線カットを実現させました。

具体的なデータ

上記シミュレーションでは、遮熱フィルムの有無で体感温度に1.7℃の差があり室内を快適だと思う割合も大きく変化がありました。

省エネシミュレーションでは、遮熱フィルムで暑さの原因を低減させているため、エアコンや扇風機の稼働率も減らすことが出来、省エネ効果が出ることも実証されました。

そろそろ遮熱フィルムが気になってきたのではないでしょうか!?

まずは、省エネ効果計算してみませんか?デコルバでは遮熱フィルムを貼ることでどれくらいの省エネ効果があるかを無料で簡易計算することが可能です。是非この機会にお試しいただけたらと思います。

COMMENTS

まだコメントはありません。

この記事にコメントする!

不適切なコメントがあった場合は、管理者にて削除する場合がございますので予めご了承ください。