ウィンドウグラフィックス

店舗や、車両等ウィンドウ面にグラフィックをいれてみてはいかがですか?飛散防止など、安全性を高めるマテリアルや、外部からは絵柄が見えて中からは外の景色が見えるワンウェイビジョンなどがございます。

UJV-160 Mimaki グラフィックス

UV出力

UVプリントガラスフィルムと透明のオーバーラミネートとの組み合わせにより、飛散防止機能や紫外線カット機能を付与するグラフィックスです。ベースフィルム、オーバーラミともにPET素材を採用することにより、ベースフィルムだけでも飛散防止性能を有し、2重の安全性を誇ります。

フルカラーのグラフィックスにより、店舗等のインテリア/エクステリアに、 ガラスの透明感を生かしたグラデーション&オリジナルのデザイン表現を可能にしました。

・白インク印刷

▲ 白インクで様々な様々なパターンを印刷したり濃淡をつけることができるので表現の幅が広がります。デザインパターンのウィンドウ装飾やグラデーションも表現できるので、カッティングシートにはできない表現が可能になります。


・3層印刷

▲ 一番下にカラープリント、中間の層にホワイトインクでプリント、最後にカラープリントを行うことで、ガラスに貼った際に両面にプリントされた状態になります。ショウウィンドウなど表裏、両方向から見られる場所で効果を発揮します。また、一部分にだけホワイトインクをマスクするとで半透明にプリントされた部分と不透明の部分との差が出てさらに効果的な表現が可能となります。3層になっているのでプリントされた部分は不透過になって背景が透けません。印刷の表面は画像がミラー反転になって表示されます。

ワンウェイビジョン™グラフィックス 8170-P50 + SP4582

車窓やウィンドウを彩る視覚のワンウェイ、広告メディアとブラインド効果の両立ができます。均一に孔の空けられた特殊なベースフィルムの使用により、その孔を通して視覚の一方通行を可能にしたグラフィックスです。レセプターフィルムを屋外側は白色、室内側は黒色にすることで、外側からはグラフィックスが、内側からは視認性を遮ることなく屋外を見ることが出来ます。

ワンウェイビジョン 構造

ワンウェイビジョン™施工イメージ

人の目は明るい方に注意が行くので、手前の黒いフィルムは目に入らず外の景色が見える状態になります。車両に使用する場合は、3層構造のものを使用します。2層構造を使用する場合は、エッジシールを施してください。
▼ 左 : 外側  右 : 内側から見た状態

ワンウェイビジョン 施工例

ウィンドウグラフィックスに関するお問合せ、お見積りはこちら

お問合せはこちら
Copyright © 2005-2012 DECORATIVE SYSTEM Co.,LTD. All Rights Reserved.