3M™ホワイトボードフィルム マグネットタイプ

裏面が薄いマグネットになっているのでどこでも簡単に持ち運べスチール製の壁面であれば誰でも簡単に貼り付けることができます。オフィスや学校のスチールパティション、磁石のつく黒板などをホワイトボードにかえ、プロジェクターでの投影も可能です。

ホワイトボードフィルム マグネットタイプ 使用イメージ

3M™ホワイトボードフィルム マグネットタイプの特徴

書ける!

従来のホワイトボードシリーズ同様、推奨マーカーで書き込みや消すことができます。チョークと違い粉が出る等汚れを気にする必要がありません。

持ち運べる!

壁面(スチール製)があれば、たちまちどこでもミーティングルームに早変わり!場所を選ばず、施工のコストも削減できます。

映せる!

黒板に直接貼りつけることができるので、設置が簡単。ホットスポット(光の反射)ができないマットタイプなので、鮮明に映ります。

3M™ホワイトボードフィルム マグネットタイプ製品概要

    
品名 PWF-500MG
材質 表面特殊加工 塩化ビニル樹脂フィルム
寸法及び参考価格
寸法 参考価格
920㎜ × 1.2m オープン価格
920㎜ × 2m オープン価格
920㎜ × 10m オープン価格
カタログダウンロード カタログダウンロード

3M™ホワイトボードフィルム マグネットタイプ製品データ

■ スクリーン機能:3M従来品との視野角特性比較データ
スクリーンホワイトボードフィルム PWF-500の「視野角特性」比較データ
視野角特性優れている、つまり視野角を変えた場合でも輝度の大きな差が生じないことがよいスクリーンの条件です。PWF-500は、従来品(ホワイトボード用フィルム)にスクリーン機能を付与し、従来品(スクリーン専用)に近い優れた視野角特性を持った製品です。

■ ホワイトボード機能:推奨マーカー/イレーサー

ジャンル メーカー 製品名
マーカー ぺんてる ホワイトボードマーカーノックル 中字
カウネット ホワイトボードマーカー 丸芯
アスクル アスクルオリジナルホワイトボードマーカー
三菱鉛筆 ホワイトボードマーカー 中字
イレーザー プラス ホワイトボードイレーザー
コクヨ ホワイトボードイレーザー ヨクキエール
デビカ ホワイトボードイレーザー

3M™ホワイトボードフィルム マグネットタイプ注意事項

フィルム選定上の注意

  • 投影品質
    フィルムに投影した画像の品質は、下地の状態やプロジェクターの種類、投影環境によって異なり、それを見る人の主観によっても変ります。例えば投影した画像が明るすぎて眩しいと感じる場合がありますのでフィルムを施工する前に投影品質を確認してください

施工上の注意

施工手順①施工手順②施工手順③

使用上の注意

  • 直射日光のあたる場所、火や熱源のそば、高温多湿になる場所、屋外での使用、 保管は避けてください。変色や変形、はがれなくなる、マーカーが消えなくなる などの原因になります。
  • 凹凸があったり、丸みがあったりして、磁石が取り付け面に確実に密着しない場所、 ステンレス(種類による)・アルミ・木製品など、磁石が取り付けられない場所では 使用できません。
  • 巻きぐせが付いてる場合、貼り付けた後に浮いてくることがありますので、平坦な ところで平滑になるまで置いておくか、逆巻きにして巻きぐせを取ってください。
  • 使用されない時は、折り曲げたりせず、平坦な場所に置くか、筒状に丸めて保管してください。
  • 細く巻き過ぎたり、折り曲げたりすると、シート表面に折り目やシワの入る可能性があります。
  • マグネット面に表面加工された紙や平滑な紙、印刷物、塗装面などを密着させると、 環境条件によってはがれなくなることがありますのでご注意ください。
  • パソコン、フロッピーディスク、磁気テープなどの磁気を嫌うところへの使用は避けて ください。
  • フィルムに投影した画像の品質は、下地の状態やプロジェクターの種類、投影環境に よって異なり、それを見る人の主観によっても変わります。例えば投影した画像が 明るすぎて眩しいと感じる場合がありますので、ご使用前に投影品質を確認してください。
  • シート面を硬いものでこすったり、鋭利なものでひっかいたりしないでください。 フィルム表面を傷つけると凹部にマーカーのインクが入り込み汚れて消せなくなります。
  • マーカーの種類によりインクがはじくなど筆記性が異なります。アルコール系インクの マーカーが適しています。
  • イレーザーの種類によりインクが拭き取れないなど消去性が異なります。
  • 初期マーカーによって筆記時はじきが生じる可能性があります。数回書き消しして いただくと、はじきをなくすことができます。
  • 間違ってホワイトボードマーカー以外のペンで書いてしまった場合は消えないことが あるのでご注意ください。
  • 筆記後長時間放置すると、消しにくくなる場合があります。筆記後はできるだけ早く 消してください。
  • 筆記と消去を繰り返すうちにイレーザーでは消しにくくなる場合があります。 汚れがひどくなった場合は、雑巾などで水拭きをしてから乾いた布で乾拭きをしてください。 アルコール系溶剤クリーナーでも清掃できます。
  • フィルムにマーカーのインクかすが付着するのを防ぐため、定期的にイレーザーを 清掃してください。
  • 乱暴な取り扱いや、用途以外の使用は避けてください。
  • 廃棄処理は国および地方自治体の法令に従ってください。

3M™ホワイトボードフィルム マグネットタイプに関するお問合せはこちらから

お問合せはこちら
Copyright © 2005-2012 DECORATIVE SYSTEM Co.,LTD. All Rights Reserved.