DGコーナーガード

一般的にコーナーガードは、ぶつかった際に衝撃をやわらげ、少しでもダメージを少なくするもののように思われていますが、本来はぶつけられないように目立たせることが目的です。DGコーナーガードは、3M製の高性能反射材を使用している為よく目立ちます。
※"DG"とは3M製反射材の構造である ダイヤモンドグレードの略です。

DGコーナーガード 製品特徴

目立たせることで、車両・柱・壁をガード

DGコーナーガードは、3M製の高性能反射材を使用。貼り付けるだけの簡単施工で柱の存在をアピールします。
従来品と比較して、DGコーナーガードは明るく反射し目立ちます。
ビル型駐車場におけるDGコーナーガードと従来品の比較 駐車場にDGコーナーガード

施工が簡単

3Mの接合技術が貼り付け式を可能にしました。特別な施工技術は必要ありません。貼り付け式なので、アンカー、ビス、金具は不要です。

省エネ

車のライトにより明るく反射しますので、点灯している蛍光灯の数を減しても柱の位置が確認でき、節電も可能です。

DGコーナーガード 製品仕様

DGコーナーガード表(蛍光反射材付き) DGコーナーガード裏(強力両面接合材付き)
DGコーナーガード表(蛍光反射材付き)

DGコーナーガード裏(強力両面接合材付き)
推奨プライマーC-100 スプレーのり99
サイズ ・50mm(L字型の内寸)×長さ1000mm
厚さ16mm キャップ1個つき
本体材質 軟質塩化ビニール
反射材 <3M>スコッチライト
ダイヤモンドグレード反射シート蛍光黄色
接合部 <3M>アクリル系強力両面接合材
推奨プライマー <3M>C-100
<3M>スプレーのり99
推奨プライマーC-100 スプレーのり99
 
※反射材は下記よりお好きな色をお選びいただけます
反射材(蛍光黄色) 反射材(蛍光オレンジ) 反射材(蛍光黄緑) 反射材(白)
蛍光黄色(基本色) 蛍光オレンジ 蛍光黄緑
反射材(赤) 反射材(オレンジ) 反射材(青) 反射材(緑)
オレンジ
 
※基本色以外は特注品となり、出荷単位が200本からとなります。
※蛍光色でない反射材は、蛍光の特色である薄暮で目立つ効果はございません。
※ご指定がなければ、蛍光黄色での出荷になります。
 
DGコーナーガード価格表
DGコーナーガード反射材・両面テープ付き(1000mm) ¥4,000/本(税別)
*出荷単位:1本
DGコーナーガードキャップ 追加用
(キャップはコーナーガード1本に付き1個付いています)
¥200/個(税別)
DGコーナーガード用プライマー C-100 ¥8,540/缶(税別)
*1リットル缶
DGコーナーガード用プライマー スプレーのり99 ¥1,600/缶(税別)
ご購入前にご確認ください
・製品の上部断面を保護するキャップが、一本につき一個付属しています。
 美観向上や詰め物等のいたずら防止にご利用下さい。
 取り付けには、市販の樹脂用接着剤を別途お求め下さい。(接着剤は付属していません。)
・コーナーガードにプライマーを使用した場合の消費量の目安
 C-100使用の場合・・・1缶(1L)でDGコーナーガード約100本施工できます。
 スプレーのり99使用の場合・・・1缶でDGコーナーガード約40本施工できます。

DGコーナーガードのお問合せ・購入はこちら

お問合せはこちらまでどうぞお問合せフォームはこちら

DGコーナーガード 施工手順

DGコーナーガード施工手順1 貼り付け位置を決め、接着面の汚れ・ホコリ・
セメントエフロ・レイダンス等を取り除きます。
矢印  
DGコーナーガード施工手順2 貼り付け位置を確認し、プライマーを塗布します。
貼り位置をマスキングすると、
プライマーをきれいに塗布できます。
(スプレーの場合、5cm程度の距離で
しっかり塗布してください。)
矢印  
DGコーナーガード施工手順3 プライマーによる下地処理が指で触れて、
べとつかない程度まで乾燥を待ちます。
矢印  
DGコーナーガード施工手順4 裏紙をはがし取ります。
はじめに片側の裏紙をはがし、片面を押し付けて
支柱に取り付けた後、もう片側の裏紙をはがすと
きれいに施工できます。
矢印  
DGコーナーガード施工手順5 よく支柱に押し付けて、
十分圧着していることが確認できたら完成です。
   
施工上の注意
・温度5℃以上(外気温度または被着体表面温度)で貼り付けてください。
・被着体が水濡れしている場合、十分乾燥した後に貼り付けてください。
・特殊両面粘着テープは一度被着面に触れますと貼り直しが効かない場合がございますので、
 よく取り付け位置を確認してください。
・室内施工においてプライマーを使用するときは必ず換気をおこなってください。
・施工後1ヶ月以内のコンクリートには施工できません。
・コンクリート表面は必ず汚れや白粉を拭き取ってから施工してください。
・常時浸水している場所には施工できません。
・保管する際は、平積みにて保管し、製品が曲がらないようにご注意ください。

DGコーナーガード 施工例

DGコーナーガード施工例
駐車場の柱 低い天井の危険回避・安全対策 車庫出入口

DGコーナーガードのお問合せ・購入はこちら

お問合せはこちらまでどうぞ

Copyright © 2005-2012 DECORATIVE SYSTEM Co.,LTD. All Rights Reserved.