滑り止めテープなび

Step1 滑り止め選定チャートで選ぼう

滑り止めテープ選定チャート typeD typeC typeF typeSB typeA typeB typeHD

Step2 特性を比較しよう

製品特性

  タイプ
HD
タイプ
B
タイプ
A
タイプ
SB
タイプ
SB
タイプ
F
タイプ
C
タイプ
D
黒・赤・緑
グレー
黒・黄・緑 茶・黄 クリア グレー・黒
表面砥粒 鉱物粒子 鉱物粒子 鉱物粒子 鉱物粒子 鉱物粒子 鉱物粒子 樹脂エンボス加工 樹脂エンボス加工
基材 プラスチック プラスチック アルミホイル プラスチック プラスチック プラスチック プラスチック プラスチック
粘着剤 ゴム系 ゴム系 ゴム系 ゴム系 ゴム系 アクリル系 ゴム系 ゴム系
重量 g/㎡ 1500 800 940 800 670 460 820 710
厚み mm 1.5 0.8 0.8 0.8 0.8 0.6 1.2 0.7
引張強度
N/25mm
タテ方向 280 280 300 280 100 280 280 210
引張強度
N/cm
タテ方向 110 110 120 110 40 110 110 80
粘着剤
90度剥離強度
N/25mm
ステンレス面 29 30 36 30 37 19 31 10
剪断接着力
N/c㎡
ステンレス面 100 70 70 70 70 110 90 40
動摩擦係数 ゴム 乾燥 1.3 1.3 1.3 1.3 1.3 1.4 1.4 1.4
0.9 1.2 0.9 1.1 1.1 1.1 1.4 1.5
0.7 0.9 0.9 0.9 0.9 0.8 0.2 0.4
皮革 乾燥 乾燥 1.0 1.1 1.1 1.1 1.1 1.1 0.8 0.6
1.1 1.3 1.2 1.4 1.3 1.1 1.1 0.9
滑り抵抗値 CSR
乾燥
0.916 0.940 0.854 0.999 0.895 0.786 0.767 -
CSR
水+ダスト
0.806 0.620 0.543 0.592 0.643 0.558 0.620 -
CSR-B
- - - - - 1.279 - 1.194
CSR-B
ビオレ1%
- - - - - 1.275 - 1.128
施工温度 10℃以上(目安60℃以下)
実用温度 -40℃~60℃

※上記データは代表値及び測定値であり、保証値ではありません。
※動摩擦係数とは、実際に歩行しているような運動状態にある場合の滑り抵抗(滑りにくさ)を表す数値です。
※CSR、CSR-Bは、床性能研究会 滑り試験機(O-YOSM)に基づく滑り試験結果です。高い数値ほど滑りにくいことを示します。
  <0.4以上で足もとが滑りにくいことを表すとの報告があります>
※滑り止めテープの接着力は圧着後にすぐ発生しますが、接着力は圧着後時間経過とともに増加する傾向を示し、
  概ね、3日で安定した接着力となります。
※実用温度域の上限は、粘着の軟化を考慮した場合の使用温度の目安です。滑り止めテープ本体の耐熱温度ではありません。
  尚、上限温度以上でも短時間ならば使用できる場合があります。
  粘着剤を温めると軟化して、粘着強度は一時的に低下しますが、温度が下がると元の粘着強度に戻ります。
※冬季や寒いエリアでの施工は、施工面を温めるなどして十分に密着させてください。

耐薬品特性

  タイプ
HD
タイプ
B
タイプ
A
タイプ
SB
タイプ
F
タイプ
C
タイプ
D
水(熱水)
塩水(4%)
塩素水
塩酸(1%) ×
苛性ソーダ(1%) × × × × ×
工業用洗剤
逆性石鹸(塩化ベンザルコニウム液)(0.2%)
中性洗剤
アルコール
モーターオイル
植物油
ガソリン × × × × × × ×
軽油 × × × × × × ×
MEK × × × × × × ×
シンナー × × × × × × ×

◎:使用可能 〇:短時間での使用可能 ×:使用不可

※この試験は、3Mでの試験条件下でのテスト結果によるもので、全ての使用可能性を示すものではありません。
※施工面の材質や表面状態によっては、上記と違った結果になる可能性もあります。事前にテストを行うことをおすすめします。
※加工にあたっては、3Mが指定する施工方法を守り、貼付後も隙間などから水・油・薬剤などが侵入しないように正しく施工
  してください。

Copyright © 2005-2012 DECORATIVE SYSTEM Co.,LTD. All Rights Reserved.